中身がマニアックです。
ここに来るほとんどの方が興味無いと思うけど、気が向いたら見てね。

中身(モニター&コンパネ)のないテーブル台を手に入れたので初のテーブル液晶モニター台にチャレンジしました。

大ざっぱな作業内容としては・・・
  • ハーネスの制作
  • アプコン(アップスキャンコンバーター)を利用して液晶に表示
  • 液晶モニタの設置
  • コンパネの制作
こんな感じ。てことでいざ制作!

まずは部屋に置くために少しゲーム台をきれいに。地味に4時間ほどかかる…。

アプコン・液晶接続もハーネスを作らないと始まらない。
JAMMAハーネスを作りつつ、モニターへの配線をアプコンにまわし接続。
IMG_3842
アプコンは前扉のここに設置。これで調整や脱着がらくになる^^

C-MUNuFUAAA0DgW
電源と映像関連の配線が終わった段階でためしにD-subから液晶につないでみたら、ちゃんと映った!!これは当たり前のようで当たり前では無いのですごくホッとしました!(相性があるらしく映らない基板もあるのよ…)

液晶を置くベースを作る。
IMG_3816
本来ブラウン管を載せる台座にステーを設置。

そのステーに液晶を載せる台座を製作(1×4木材を切って黒く塗っただけ)
IMG_3828

IMG_3829
そのまま載せてもいいんだけど、ずれにくいように木ねじを刺して…

IMG_3830
ステーの穴に挿入。これで左右のずれだけは防げる。

あとはこの上に液晶を載せてコンパネ繋げればゲームはできるんだけど、本来ブラウン管モニターに使うエスカッション(モニタ周りの目隠し)が使えないため隙間から台の中が見えてどうにもみっともない。
C-RhLUIUAAAULLQ
モニターが全部見えているから、
品名もスイッチのLEDももろ見え。

なのでエスカッションも自作。9ミリ厚ベニヤをテーブルモニター窓サイズにカット。その後19インチ液晶窓にあわせてカット。ジグゾーはフリーハンドだから毎回神経使う^^;
IMG_3821

IMG_3822
まあまあうまく切れたと思う

IMG_3832
脱落しないように適当な材料使ってステーを制作

黒く塗った自作スカッションテーブル台の窓にはめて…
IMG_3826

IMG_3833

IMG_3836
ぴったし成功!気持ちいいー!!

コンパネを制作。
自作のコンパネにボタン&レバーを設置してJAMMAコネクタからのコンパネハーネスをフォストン端子にて接続。コンパネ制作物凄くはしょってるけど、実際は液晶設置よりずっっと大変だったりして。
IMG_3840


最後は液晶を窓に合わせて載せて、天板をしめて完成!
IMG_3834

IMG_3835
我ながら良いでき!!

中は液晶を載せてるだけなので、もし縦画面にしたけりゃくるっと回転させればOK。これが液晶化の一番の利点!まあそれくらいしか利点無いけど…。やっぱりゲームはブラウン管がいい。

ちなみに・・・・
テーブルゲームに使われているブラウン管は表面が凸型に湾曲してるけど、液晶は表面が真っ平ら。
だからブラウン管に馴れた目で液晶画面に向かうと、逆に画面が凹型に感じる妙な錯覚に陥ります。これがちょっと気持ち悪い。