ツインレバーだけ制作する予定が、予備のセイミツレバーとボタンを購入したため「どうせなら」ってことで通常のレバーも一緒に作ってしまおうということになった制作計画です。

○ツインレバー(Wii&PS共用)
基板…Wii、PSのコントローラー(Wiiはクラコン)基板から乗っ取り

○通常レバー(PS用)
基板…今まで使ってたHORI製レバーより乗っ取り


これがつい最近まで使っていたHORIのレバー「リアルアーケードPS」
リアルAC01
リアルAC02
リアルAC03
年期がすごい…

こいつのメイン基板と連射装置を利用します。さらばリアルアーケードPS。

リアルAC04
ばこーん

メイン基板と連射基板&装置を外しました。

リアルAC05
メイン基板

○△□×などでかく印字されてるのでわかりやすいです。XYZとかのアルファベットはセガサターンにも流用されてたという証しですねー。
PSの通常コントローラーも、Wiiのクラコンもすでにばらしてあるので次は本体の制作。それが終わったら、最後に配線。


ツイン01
天板の穴開け完成。

ツイン02
あわせてアクリルボードもサイズを合わせ穴も開けます。

アクリルは丈夫なくせに割れやすいという面倒くさいやつなので嫌い。
でもキレイなのよねー…好き。(ツンデレ)

ツイン03
皿ネジを使うのですが、ネジ部分が飛び出さないようすり鉢状に穴を加工。

ツイン05
本体にネジ止めする穴が四角い穴なのでやすりを使ってアクリルも同じように加工。これが以外とシビアで、ちゃんとサイズを合わさないとネジが入らないのです(ネジの根本が四角い形状なの)。

ツイン07
本体に元々あったスタートボタンをセイミツボタン用に拡張。もう一つボタンが必要なので隣にもう一つ穴を開けます。プラスティックの溶けるさまと臭いが超ーーーー!!苦手です。鳥肌総立ち。

ツイン06
天板とアクリルに挟む台紙を制作。指の緊張度がすごい。



そ し て …



じゃじゃーん
ツイン16

本体完成!!

まだ、配線してないので現状ただの箱なのですが見た目はかなり気に入ってます!

conpane_nam02
ナムコのコンパネといえばこのデザイン!

ツイン15
移植した連射装置(分解して清掃したのでまるで新品^^)
でもアクリルがちょっと割れた…嫌い。

ツイン11
バシシマーカー^^

ツイン12
ドルアーガはやっぱ篠崎雄一郎氏のデザインじゃないと

ツインレバーはイシターとリブルラブルにしか使わないと思うので、こんなデザインにしました。
ツイン10

大・満・足


なんか配線なんかどうでもいい気分!!
いやいや、それやらないと遊べないし。
 

というかもう冬コミスケジュール立てないとやべえ…